首や腰のむち打ち

こんな症状でお困りではありませんか?|京都市左京区 こにし整骨院

首がいたい
  • 交通事故後、首、肩、腰に痛みがある
  • レントゲン検査では「異常なし」と言われたが、頭痛、吐き気、めまいがある
  • 交通事故後、首の可動域が小さくなった
  • 交通事故後、しばらくしてから痛みや違和感が現れてきた
  • 交通事故後、首や肩、腰がこりやすくなった
  • 交通事故後、疲れやすくなった

など

このようなことでお困りであれば、京都市左京区一乗寺のこにし整骨院にご相談ください。交通事故によるむち打ちの後遺症は、当整骨院で適切な施術・リハビリを受けて防ぐことが可能です。決してそのまま放っておかずに一度ご相談ください。

むち打ちとは|京都市左京区 こにし整骨院

交通事故で最も多い症状がむち打ちです。事故直後ははっきりとした自覚症状がなくても、事故後2~3日程度から症状が現れ始めて、だんだん強くなる傾向にあります。
むち打ちによる主な症状は首の痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、めまい、手足のしびれ、だるさ、疲労感、吐き気、集中力の低下などですが、こうした症状がなくても、交通事故に遭われたらまずは病院で医師の診断を受け、その後、京都市左京区一乗寺の当整骨院で適切な施術を受けられることをおすすめします。

むち打ちの原因

交通事故などの衝撃で、体が前方に押し出された時、頭部は重いため胴体に引っ張られるように移動します。この時、鞭がしなったような動きをみせてむち打ちとなります。むち打ちは交通事故だけでなく、スポーツ時の転倒などの衝撃によっても起こる場合があります。

むち打ちの種類|京都市左京区 こにし整骨院

頚椎捻挫型

交通事故によるむち打ちで最も多いタイプです。事故の衝撃により首の筋肉や靭帯などが損傷して、首や肩、背中などに痛みが生じます。

神経根症状型

頸椎の中には脳と脊髄を結ぶ大切な神経が通っていますが、その部分を「神経根」と言います。交通事故の衝撃により頸椎が歪んでしまうと、神経が圧迫されて首の痛みや頭痛、しびれ、だるさ、筋力の低下などの症状が現れます。

バレー・リュー症候群

頸部のまわりにある自律神経が損傷や圧迫を受けて、頭部への血流が低下することで、頭痛、耳鳴り、めまい、眼精疲労、疲労感、発汗、血圧低下などの症状が現れます。

脊髄症状型

頚椎の脊柱管を通る脊髄、またはそこから伸びる神経が損傷することで、腕や足にしびれや痛みなどの症状が現れます。

脳脊髄液減少症

交通事故の衝撃で髄液(脳脊髄液)が漏れ出し、液圧が下がることでめまいや立ちくらみ、だるさ、吐き気、頭痛などの症状が現れます。

病院・整形外科での治療に満足できない方へ|京都市左京区 こにし整骨院

湿布病院や整形外科へ通院中の方の中には、「湿布や痛み止めのお薬をもらうだけで、十分な治療が受けられていない気がする」という方もおられるかと思います。病院・整形外科でのレントゲン検査やMRI検査では骨の状態を確認することはできても、筋肉や靭帯の異常までは見つけられないため、根本的な治療が行えず対症療法が中心となってしまいます。
しかし、当院では患者様が痛みなどの症状を感じている部分を触診して、画像検査では確認できない筋肉や靭帯の状態を詳しく確認して、適切な施術を行います。
「病院や整形外科でずっと治療を続けているが、一向に良くならない」とお悩みでしたら、一度お気軽に京都市左京区一乗寺のこにし整骨院へご連絡ください。